愛車を走らせていると、「自動車を使用したままで即日融資可」などという立て看板やお知らせが見かけることも多いはずです。このような広告は、自動車を担保として融資するお知らせであることが多いようです。車担保融資と言われている言葉は、知っていたとしても、具体的にどのようなローンキャッシングのされ方なのか割と理解していない人も少なからずいるのではないでしょうか。車担保融資とは、それだけ世の中に浸透していないローンキャッシング方法ともいえるかもしれません。車担保融資では、クルマを返済ができなくなった際の保障にすることで、自動車の査定を行い、その価格の査定限度中でキャッシングを行っています。中古車買い取り専門店での査定と同じように、年式が経つ車や喫煙車であると、査定の見積もりが安くなってしまうことがありますので自動車を担保として融資を受ける際には覚えているといいはずです。車担保融資は、「車」という目に見えたものを担保にする方法ですので、貸金業者などで借り入れができなくなった人でも簡単に査定額内での融資を行えるようです。さらに言えば、貸金業者でのキャッシングには色々な手続きや審査がありますが、愛車という自分の財産を利用して行うローンキャッシングですから、そういったものが必要ないこともあります。最近では、自動車を返済に行き詰った際の保険にしてキャッシングローンを受けても、クルマをそのまま継続して運転することが出来る車を使った担保融資も増えてきていると言えます。但し、このキャッシング方法の弱点としては、自動車の評価額にローンキャッシングの金額も左右されますから、所持する車によって、本人が望む価額のローンを受けられないということも十分あるはずです。愛車を返済に行き詰った際の保険にしますから、仮に支払いが遅れてしまったケースは、すぐさまクルマを売らなければならないというのも、欠点です。車が生活する上で欠かせないものである世帯では、自動車を、返済ができなくなった際の保障とするローンの手段は、結構危険が大きいといえるかもしれません。