カードを持っていますが利子が高い水準のようだと思って、カード会社に照会してみたのですが、こちらの場合は無担保なのですから、そうした金利なのですなどと言われてしまいました。担保がないカードとは如何様なことなのでしょう。こういったご質問にお答えしていきたいと思います。担保といったようなものが存するとはどんな状況に関することを示すのでしょうか。フリーローンなどのとき使用目的といったものが自由になってるキャッシングサービスなどで担保設定をしていない事例といったようなものがほとんどであり、その事を無担保借入というふうに言います。反対に自動車ローン等というのは買い物するものが確定してますから買い入れたものに担保などを設定します。こうしたことが有担保ローン等と呼ばれているのです。有担保借入に関してのプラスといったものは抵当が有る分利息が低い数値にされているという点なのです。じゃあ借り入れに担保を契約し利息を低水準にしておく方が得する思うかもしれませんけれども、万が一支払不能になってきてしまった時は担保対象物を差し押さえられるということになるのでそんな無謀な事をしたい方はいるわけがありあません。実際に担保を契約設定可能なキャッシングというものも有りますけれども、自分の信用だけで借入できてしまうので、些少な利子に対する差額くらいは目をつぶると言うのが普通だからなのです。それから社員のような、収入が一定した人は信用といったものもあり、わざわざ担保を差し入れなくてもカードを作成することというのが出来ますが、個人事業主の場合ですと収入といったようなものが一定してないので、担保の設定などを要求されてしまうこともあります。カード会社というのは貸し付けたというだけでは収益がないのです。取立てした後初めて儲けを上げるわけなので至当な要望なんです。したがって無担保であったとしても借入できてしまう信用性というのが存在することははなはだ大きな価値というのがあったりするのです。