クレジットカードを店舗にて使う時、何度も体験があるかと思うのですがレジのスタッフがわからないことでどちらの明細を利用者のもとへ渡したら良いのか迷っていることがあるはずです。

クレジットを決済するとより3枚1組の利用レシートというものが印字されるためこのレシートのうちどの明細を客に差し出したら良いのか判断できないという話です。

数枚の紙について→これらの複数枚の明細レシートの正体とは何なのかということについてまとめると↓の通りとなります。

1お客様へ保管してもらう紙。

2店舗で保管する明細。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

3カード会社控え利用レシート(サインを書くレシート)。

本来は絶対客へ保管してもらう明細レシートを受領するはずなのですがたまに、店舗で保管する利用明細を客側へ勘違いして渡すというケースや、署名をした方の使用明細を渡してしまったといったパターンなども存在します。

このケースはバイトの人であるとか、普段からクレジットというものが使われない店舗等の会計でクレジットカードを利用すると、このような店舗スタッフの動揺を見れることでしょう(笑)。

仮に誤った方のレシートを渡したときは、やさしく「これは違いますよ」と一言正して上げて欲しい。