お店において使用する場合、みなさん体験したことがあるのではと思うのだがレジの人が未熟なことでいったいどのレシートを利用者に提示するのか迷っている時がある。

というのも、クレカを決済すると、レジ端末3組綴りの明細レシートが出力されるためであり、それらのどの1枚をお客様に差し出すのかわからないというケースがあるのです。

紙について》この複数の使用レシートの説明とはどういうものなのかをまとめると以下の記載の通りです。

1お客さんに渡さなければいけない使用レシート。

2店舗控え用の使用レシート。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

3カード会社控えレシート(署名を書く明細)。

本来は必ずカード利用者のもとへ渡さなければいけない明細を渡されるのが正しいのですがたまに違う利用レシートの方を客に対して勘違いして渡してしまうケースであったり、サインされた紙自体を渡すといういう重大なミスさえも存在するのです。

このパターンはアルバイトの人や、普段クレジットカードが利用されるケースの少ないショップの会計にて使用するとそれらの店舗スタッフの動揺というものが見れるだろう(笑)。

仮に店舗従業員が間違った使用レシートというものを提示して際には、「これじゃありませんよ」などと正してみてはいかがでしょうか。