融資の利率がどこも似たり寄ったりなのは知っている事かも知れませんが、利息制限法と言う法律により最大限の利子が義務付けられているからです。

金融会社はその法の限度範囲内で独自に設けているので、似た利息の中でも相違があるローンキャッシングサービスを展開しています。

その利息制限法とはどのようになっているのか見ていきます。

まず最初に上限範囲内の利息ですが、10万円未満の貸し付けには20%、10万円以上100万円未満は年間18%、100万円以上は年率15%までとなっていて、その範囲を超す利子分は無効となるのです。

無効とは払う必要がないってことです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

それでも以前は25%以上の利息で取り決めする消費者金融業が大部分でした。

その理由は利息制限法に違反しても罰則の法律が無かったからです。

それだけでなく出資法による制限の年間29.2%の利率が容認されていて、その出資法を改訂することは有りませんでした。

利息制限法と出資法の間の金利の差の枠が「グレーゾーン」と言われています。

この上限利息の範囲は上回らないようにきたのですが、出資法を有効にする為には「ローンを受けた者が自ら支払った」という前提となります。

今、しきりに行われている必要以上の支払い請求はこれらのグレーゾーンの利息分を必要以上の支払いとして返却を求める請求です。

法律でも出資法の考え方が聞き入れられることはほぼなく、要求が承認される事が多いと思います。

現在では出資法の上限枠の利息も利息制限法とまとめられ、それにより消費者金融業の利子も似たり寄ったりになるのです。

もしこの事実を知らないまま、上限範囲の利息を上回る契約をしてしまった際でも、それらの契約自体が無効となりますので、上限範囲の利息以上の利率を返却する必要はありません。

それでも今だ返金を求めるようなら司法書士か弁護士に相談してみてはどうでしょう。

それで返却を求められることはなくなります。