ローンの利子がどこも似たり寄ったりなのは知っている事と思いますが、実を言えば、利息制限法と言われる法律によりMAXの利子が決められているためです。

銀行系などは利息制限法の法の範囲枠で個々に決めているので、似た利息の中でも違いが出るようなキャッシングサービスを提供しています。

ではその利息制限法とはどのようなものなのか見てみましょう。

最初に上限利息ですが、10万円未満の貸し付けには年間20%、10万円以上100万円未満は年間18%、100万円以上は年率15%までとなっていて、その範囲を超える金利分は無効となるのです。

無効とはお金を払う必要がないってことです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

でもかつては年間25%以上の利息で手続きする消費者金融業がほとんどでした。

それは利息制限法に背いても罰則の規定が無かったためです。

更には出資法による制限の年率29.2%の利息が許可されていて、その出資法を盾に改められることは無かったです。

これらの利息制限法と出資法の間の利率の差の箇所が「グレーゾーン」と言われています。

この法の上限利息の枠は超過しないようにきたが、その出資法を適用する為には「債務者が自主的に返済した」という大前提があります。

今、頻繁に行われている必要以上の支払い請求はこのグレーゾーンの利息分を過分の支払いとしてキャッシュバックを求める請求です。

裁判でも出資法の条件が受け入れられることはほとんどなく、請求が聞き入れられる事が多いようです。

今日では出資法の上限の利息も利息制限法とまとめられ、これにより消費者金融業の利息も大差がないようになっていると思います。

仮にこの事を知らないまま、上限範囲の利息を超える契約をしてしまった際でも、契約が機能しないものとなるので、上限の利息以上の利息を返金する必要はないようです。

しかし、しつこく返済を求めるようでしたら司法書士か弁護士に相談してみてはどうでしょう。

相談することで返金を求めることはなくなるはずです。