自動車での事故に巻き込まれた時、自分自身が車の事故の被害者であるにもかかわらず先方がミスをちっとも受容しないという事は聞くことがあります。

仮定として、故意に起こってしまったのではなく不注意で車を追突した時などにこうした言い争いに発展するケースがあります。

だからと言って、そこで車だけの物損され、何ヶ月か後に体の痛みが出た時に、行った病院の診断書を警察署に提出するというのは対応が遅れるとなるのはしょうがなくなってしまいます。

それなら交通事故の過失割合の取り決めにはどのような判断基準が決まっているのでしょうか?きちんと言えば警察署が決定するのは、核として事故の大きな過失が認められるのはどちらかという責任の所在であって過失割合というわけではないのです。

さらに言えば、最終的に明確にされた過失が認められた人が警察署から公表される事はありません。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

このため、「過失割合」は両者のやり取りの結果によって決定され、その事が自動車事故の賠償の算定基準になります。

この場面で、双方共に任意の保険に未加入の場合は当事者同士がじかに調整をせざるを得ません。

ところが、当然の事ですがそういう調整では、感情的なやり合いになる状況があります。

その上、互いの主張が平行線をたどればまかり間違うと、係争に入りますが、これは時間と裁判費用計り知れない損害は避ける事が出来ません。

その際には自動車の保険会社はそれまでの自動車での事故の裁判が行われ、出た結論から算定した認められた基準、判例タイムズなどを土台として想定と調整で割合を導き出します。

とは言え、自動車の事故の際には、遭遇してしまったのか巻き込んでしまったのかによらず第1に110番通報するのが鉄則です。

その上で保険屋さんに電話して、今後の交渉を任せるのが手順になります。

正しいやり方さえ分かっていれば、双方の不毛なやり取りとなる場合を回避できます。